仏壇・祖霊舎・神徒壇の方角、購入時期

 
   

*仏壇・祖霊舎・神徒壇の方角、位置について 
         

 正面を南か東に向けるのが良いでしょう。私たちは北か東を
 向いておまいりすることになります。

    
 
浄土宗、浄土真宗、時宗など阿弥陀如来を本尊とする場合は 
 東向きが良いでしょう。阿弥陀如来は
西にいらっしゃる仏様
 です
ので仏壇が西を背にすることになります。
   

 家屋の建築の都合で南西や北東に傾くことが普通ですが問題
 はありません。
 
   

 どうしても北に向いてしまう場合でも「おまいりしやすい」
 とか「家族が集まれる部屋」、
「いちばん清潔な場所」とい
 うような条件であれば良い
でしょう。 
   

 朝顔市で有名な東京入谷の鬼子母神(眞源寺)も堂は北
 きです。   
  

 現代では必要以上に気にしないほうが良いでしょう。
 

 仏壇にはお花、お茶、お供え、神徒壇・祖霊舎には榊、塩、 
 洗米も供えますので、台
所から離れていない部屋のほうが良
 いでしょう。


 
2階、3階など上層階でもかまいません。また、椅子に座っ  
 ておまいりしていただいても
差し支えありません。
  

 

*仏壇と神棚の位置 
   

 仏壇と神棚を同じ部屋におまつりしても差し支えありませ
 ん。
皆さんが集まる部屋に仏壇、神棚が安置されていればお
 参り
もしやすいと思います。

 

 仏壇の真上に神棚をおまつりする例も多々あります。建築時
 に仏間の真上に神棚を造るケースも多く見受けられます。
 ちばん収まりの良い
形です。


 
このようにできない場合は仏壇と神棚が真向かいにならない
 よう
に安置してください。ハス向かいは差し支えありませ
 ん。

 



 

*神徒壇、祖霊舎と神棚の位置
 

 神徒壇・祖霊舎と神棚は共に神道の神様をお祀りするもので
 す
から同じ部屋にお祀りしたほうが良いでしょう。


 神棚の下に神徒壇、祖霊舎を安置する様式が多く見られま 
 す。


 神徒壇・祖霊舎には家を見守るご先祖を神様としてお祀りし
 ま
す。


 神棚には天照大神をはじめ氏神様、縁のある神様をお祀り
 ます。

 そのためお参りは先に神棚から
始めてください。


 詳しくは「祖霊舎・神徒壇と神棚・御宮のちがい」をご覧く
 ださい。

 
 

*風水について


 
風水は中国の伝統的方位信仰です。


 仏教や神道とは全く関係ありません。もちろん仏壇、神徒 
 壇・祖霊舎
の方角や位置も特に参考にする必要はありませ
 ん。


  
*仏壇・仏具・祖霊舎・神徒壇の購入時期について

 ご家族がお亡くなりになり、仏壇や神徒壇・祖霊舎がない場
 合
は仏壇は四十九日法要までに、神徒壇、祖霊舎は五十日祭
 までに揃えるようにしましょう。位牌、霊璽は必ず揃えてく
 ださい。


 それ以外の場合の購入、交換はいつでも大丈夫です。お彼
 岸、お盆、法要にあわせることもありません
 
   

 迷信もいろいろ耳にします。「仏壇を買ったので新仏がで
 た」とか
「おおきい仏壇に吸い込まれるように亡くなった」
 などなど・・・・・
 

    

 仏壇・祖霊舎・神徒壇のないご家庭では皆さま不老不死とい
 う
ことでしょうか?


 お釈迦様、阿弥陀様に手を合わせたい、先祖の供養をした
 い、
今は亡き家族を偲んで冥福を祈りたい、という心があれ
 ば時期
は問いません。早いうちに仏壇・仏具・神徒壇・祖霊
 舎を揃えて
ください。 

 

*仏壇・仏具・神徒壇・祖霊舎の修理、買い替えについて
 

 いたみの目立つ仏壇、すっかり色あせた仏具。毎日おまいり 
 していて気になりましたら、修理また
は買い替えをおすすめ
 します。もちろん時期は問
いません。 


 修理の場合は予想よりも高額になる場合があります。見積を
 とって納得ゆくまで説明をしてもらい
ましょう。

 

 木肌の美しかった神徒壇、祖霊舎も歳月とともに黒ずんでき
 ます。素材(桧、栓など)の色の変化
は残念ながら現在の技
 術では元に戻すことはでき
ません。


 

 神道には「式年遷宮」という行事があり、神社の本殿を数十
 年ごとに建て替えます。

 きれいな桧の
社殿に神様をおまつりするために、伊勢神宮は  
 20
年、出雲大社は60年ごとに行われます。ご家庭の神徒
 壇・祖霊舎も適切な時期にお取替えいただくことをおすすめ 
 いたします。
  

 

 買い替えの場合、いままでの仏壇・祖霊舎・神徒壇・神具・
 仏具は当社でお焚き上げ供養をいたし
ます。

 

*仏壇・仏具・神徒壇の納入のお日柄 

  
「大安」「仏滅」など「六曜」は中国の古くからの日付の考え 
 方です。 

 
 風水と同じく、仏教や神道とは関係ありません。

  
「仏滅」なので法事はできない・・なんて聞いたことはありま 
 せん。


 ただ深く日常に根付いているので、ないがしろにしたくない 
 方もいらっしゃると思いま
す。 

  
 少々、気になるならば「仏滅」をさければ良いでしょう。
 おおいにこだわるなら「大安」か「先勝」の午前中ならば問
 題ありません。


    「神徒壇・祖霊舎・神具」はこちらからどうぞ




 

   お問い合わせは電話、メールもご利用ください。
 

      電話 03-3844-9460   

     
      sanbutudou@jcom.home.ne.jp 

 

 

 

 

Mobile