人工石台座の基礎工事と設置方法





       稲荷宮・外宮・御宮 人工石台座 4段




            
      稲荷宮・外宮・御宮 人工石台座 組立図  




  稲荷宮・外宮・御宮を設置する人工石台座は重量が70〜300キロ以上
 ございます。
 これをしっかりと支える基礎工事が重要になります。
 砕石、コンクリートを使用した基礎工事の一例をご紹介いたします。




 下穴を掘り、土固めの後、石を入れ打ち固めます。

  
稲荷宮・外宮・御宮 人工石台座 砂利
 


 
 
 型枠を組立て、鉄筋を入れ込みます。
 
   
稲荷宮・外宮・御宮 人工石台座 型枠




 全体にセメントを流し込みます。
 

   稲荷宮・外宮・御宮 人工石台座 セメント






 セメントが固まるまで5〜10日ほどおいてから人工石台座を設置します。
 




 稲荷宮・外宮用人口石台座を1段ずつ積み上げます。

 稲荷宮・外宮・御宮 人工石台座 積み上げ
 



                 御宮本体を取り付けて完成です。


    稲荷宮・外宮・御宮 人工石台座 完成





          稲荷宮・外宮・御宮 地蔵堂 「稲荷宮・外宮・御宮」はこちらからどうぞ






             稲荷宮・外宮・御宮 人工石台座 「人工石台座」はこちらからどうぞ



  
    お問い合わせは電話でも受け付けております。 03-3844-9460




 

Mobile