Skip to main content

位牌、神具、神徒壇、仏壇置台、密教法具、護摩釜、錫杖、祖霊舎、稲荷宮、五瓶花、五鈷杵、三鈷杵、独鈷杵、厨子、仏像修復、神仏具修理の三佛堂櫻井商店へ

現代仏壇、現代型神徒壇、伝統技法位牌、五具足、鏧子、護摩器、外宮、家具調祖霊舎、過去帳、仏具修理、仏壇修復、特注仏壇製作は老舗専門店におまかせください

ホーム
会社紹介
仏壇
国産仏壇の最高峰「仏王」
国産仏壇の逸品「風神雷神」
国産仏壇の名品「推古」
位牌
家具調・現代型仏壇
仏壇置き台・仏壇台
仏壇、仏具の選び方・注意点
修理・修復
神徒壇・祖霊舎・神具・霊璽
家具調、現代型神徒壇・祖霊舎
神具・霊璽・御霊・御簾・八足
神徒壇・祖霊舎の飾り方、祀り方
祖霊舎・神徒壇と神棚・御宮のちがい
外宮・稲荷宮・祠宮
外宮・稲荷宮・祠宮の設置方法
盆提灯
仏像・宮殿・須弥壇・前机
厨子、丸厨子、春日厨子、巾広厨子
天蓋・幢幡・吊灯篭・照明灯
大壇・前具・護摩釡・登高座
密教法具・五鈷杵・三鈷杵・独鈷杵
経机・焼香机・中央香台
五具足・常花・施餓鬼壇・塔婆立
鈴・木魚・鏧子・太鼓・梵鐘
当店への案内図
お問い合わせ
サイト マップ
メンバーのログイン
 
 
        

 外宮・稲荷宮・御宮・祠宮・おやしろの設置方法

 

 

 

  

    外宮・稲荷宮・祠宮・御宮・おやしろは屋外に安置するた

    め、台座にしっかり固定する必要があります。

 

    三佛堂櫻井商店の外宮・稲荷宮・祠宮・御宮・おやしろは

    本体下部に可動式の横桟がございますので前後の位置を

    調整しながら台座と連結することができます。

 
 
 
 
 
 
 
 
    当店の人工石台座をご利用いただく場合、写真のような

    ボルト受けがあらかじめ取り付けてあります。
 
 
 
 
 
        
 
 
 
 
 
 
        
        
 
 
 
       

      1.前方に神具やお供えを置けるスペースを確保して

 

         御宮本体の位置を決めてください。

 

 

      

      

 

 

 

 

 

 

          ここからは外宮後方からの写真です。

 
        
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
          

        2.ボルト穴と重なるように押さえ木を置きます。

 
 
        
 
 
 
 
 
 
 
      

           3.押さえ木の上に座金を置きます。

 
         
 
 
 
 
 
 
 
            

         4.付属のボルトを差込み、ねじこみます。

 
         
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
              5.しっかり締まったら完成です。
 
         
 
 
 
 
 
 
 
 
        

三佛堂櫻井商店では 外宮・稲荷宮・祠宮とあわせて人口石台

 

座をご注文いただくと、台座にネジ穴の加工も施してお届けい

 

たします。ボルトも付属しています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  お問い合わせ、ご注文は電話、メールもご利用ください。 
 

       電話 03-3844-9460   

 
      sanbutudou@jcom.home.ne.jp
 
 
 
 
 
        
 
 
 
 
 
 
 
 
 
            
                  人工石台座

 
     

三佛堂櫻井商店では 外宮・稲荷宮・祠宮とあわせてご注文い

 

ただくと、台座にネジ穴の加工も施してお届けいたします。

 

 
 
       
 
             人工石台座 2段(送料別)

 

 

 

   小型  高さ 46  天板巾 38  天板奥行 42cm  

 

                                    ¥59,800-(税抜)

                *板宮6号、板宮7号にご使用ください。

 

    大型  高さ 60  天板巾 49  天板奥行 60cm  

 

            ¥73,900-(税抜)

    *板宮8号~10号、流れ屋根 持送り8号~10号、

     ほこら宮8号~10号にご使用ください。

 

 

    *送料は別途お見積りいたします。また商品代引きはご利用

 

      いただけません。

    *たいへん重量がございます。運搬、設置に人手をご準備

 

         いただけるようお願い申し上げます。 

 

 
 
 
 
         
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
            人工石台座 3段(送料別)
 

 

    高さ 72   天板巾 49   天板奥行 60cm   

 

            ¥87,760-(税抜)

    *板宮10号、流れ屋根 持送り10号、ほこら宮10号

 

     にご使用ください。

 

 

                

    *送料は別途お見積りいたします。また商品代引きは

 

         ご利用いただけません。

     *たいへん重量がございます。運搬、設置に人手をご

 

        準備いただけるようお願い申し上げます。

 
 
 
 
       
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
              人工石台座 4段(送料別)

 

  小型   高さ 86  天板巾 62   天板奥行 74cm   

 

                                ¥123,400-(税抜)

 

   *板宮12号、流れ屋根 持送り12号、ほこら宮12号、

 

     流れ屋根 束立て8号、地蔵堂にご使用ください。

 

 

 

 

  

  大型   高さ 86  天板巾 70    天板奥行 83cm    

                           

            ¥125,600-(税抜)

 

   *板宮15号、流れ屋根 持送り15号、 流れ屋根 束立て

 

         10号 にご使用ください。

 

 

 

 

 

 

     特大   高さ 86  天板巾 84  天板奥行  96cm    

                            

         ¥173,640-(税抜)

 

      *ほこら宮15号、流れ屋根 束立て12号にご使用ください。

 

 

 

      

  特大(天板別注) 

 

                  高さ86      天板巾110   天板奥行110cm

                                                         

                                   ¥189,640-(税抜)   *要納期 

 

    *流れ屋根 束立て15号にご使用ください。

 

 

 

            *送料は別途お見積りいたします。また商品代引きはご

 

        利用いただけません。

 

         *たいへん重量がございます。運搬、設置に人手をご準

 

               備いただけるようお願い申し上げます。

 
 
 
 
 
 
 
      
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
      
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    台座にアンカーボルトが取り付けられている場合

 

       

   従前のアンカーボルトが付いている台座および、工務店、石材店

 

   が台座を製作しアンカーボルトを取り付けてある場合の工程をご

  

   覧ください。

 
 
 
 
 
       
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
       1.前方にスペースを確保して御宮の位置を決めてください。
 
 
      
 
 
 
 
 
 
                  2.押さえ木にボルトを貫通させます。
 
      
 
 
 
 
 
 
                                                         3.ナットを締め込みます。
 
      
 
 
 
 
                                           
                           4.完成です。
 
      
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  お問い合わせ、ご注文は電話、メールもご利用ください。 
 
       電話 03-3844-9460 
 
 
      sanbutudou@jcom.home.ne.jp
 
 
 
 
 
 
 
 
      
 
 
 
 
 
 
 
 
 
       
      稲荷宮・外宮用 台座基礎工事、据え付け
 
      
       台座の重量は70~300キロにもなります。これを支える

 

    ためにしっかりとした基礎が必要です。石、コンクリートを

 

    使用した基礎工事と稲荷宮・外宮用人口石台座の設置工事の

 

      一例です。

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
         下穴を掘り、土固めの後、石を入れ打ち固めます。
 
     
 
 
 
 
 
 
        
             型枠を組立て、鉄筋を入れ込みます。
 
     
 
 
 
 
 
           
 

               全体にセメントを流し込みます。

 

    
 
 
 
 
     
        稲荷宮・外宮用人口石台座を1段ずつ積み上げます。
 
    
 
 
 
 
 
 
 
 
           

​           

             御宮本体を取り付けて完成です。

 
      
 
 
 
 
 
 

 

 
                              「ホーム」へ戻る