Skip to main content

位牌、神具、神徒壇、仏壇置台、密教法具、護摩釜、錫杖、祖霊舎、稲荷宮、五瓶花、五鈷杵、三鈷杵、独鈷杵、厨子、仏像修復、神仏具修理の三佛堂櫻井商店へ

現代仏壇、現代型神徒壇、伝統技法位牌、五具足、鏧子、護摩器、外宮、家具調祖霊舎、過去帳、仏具修理、仏壇修復、特注仏壇製作は老舗専門店におまかせください

ホーム
会社紹介
仏壇
国産仏壇の最高峰「仏王」
国産仏壇の逸品「風神雷神」
国産仏壇の名品「推古」
位牌
家具調・現代型仏壇
仏壇置き台・仏壇台
仏壇、仏具の選び方・注意点
仏壇・神徒壇の方角、購入時期
仏壇の買い替え・供養
修理・修復
神徒壇・祖霊舎・神具・霊璽
家具調、現代型神徒壇・祖霊舎
神具・霊璽・御霊・御簾・八足
神徒壇・祖霊舎の飾り方、祀り方
祖霊舎・神徒壇と神棚・御宮のちがい
外宮・稲荷宮・祠宮
外宮・稲荷宮・祠宮の設置方法
盆提灯
仏像・宮殿・須弥壇・前机
厨子、丸厨子、春日厨子、巾広厨子
天蓋・幢幡・吊灯篭・照明灯
大壇・前具・護摩釡・登高座
密教法具・五鈷杵・三鈷杵・独鈷杵
経机・焼香机・中央香台
五具足・常花・施餓鬼壇・塔婆立
鈴・木魚・鏧子・太鼓・梵鐘
当店への案内図
お問い合わせ
サイト マップ
メンバーのログイン
 
       仏壇・仏具・本尊の選び方と注意点
 
 
 

「仏壇、仏具をはじめて購入する」「仏壇店には行ったことがない」「仏事はよくわからないないので不安だ」 

皆さん共通の心配事です。当社にご来店のお客様の声をあつめて、わかりやすく説明いたします。

 

 

 

*スタイルと材質

仏壇、位牌、仏具には宗派による区別はございませ

 

ん。

 

ただし本尊(仏壇最上段、中央に安置する仏像、掛

 

軸)は宗派ごとに異なりますので次項で説明いたしま

 

す。

また、浄土真宗については最後の項で説明していま

 

す。

 

 

伝統をふまえた従来型の仏壇も、現代型の家具調仏壇

 

もお好みで選んでください。

毎日、おまいりなさる方が気に入ったものが第一条件

 

です。

 

大きさもお部屋にあったもので結構です。

座布団に座っても、椅子を使用しても、おまいりしや

 

すいものをお選びください。

 

 

 

従来型の仏壇は、豪華な彫刻、重厚な扉、クラシック

 

なデザインで荘厳な仕上がりです。

 

黒檀、紫檀製が多く落ち着いた色調になります。欅、

 

木肌を使用したものはやや明るい囲気になります。

 

桑、屋久杉製も独特の風合いがあります。

いずれもお部屋の雰囲気、家具との調和を考えてお選

 

びください。

いずれも耐久性は申し分のない木材です。

現代型の家具調仏壇はタモ、ウォールナット、オーク

 

メープル、など従来の仏壇にはない材料を用いて洋室

 

にもマッチするスタイルに仕上がっています。

すっきりとシンプルなデザインで、照明も組み込まれ

 

ているものが多くなっています。

高級家具の素材ですので、耐久性、高級感も十分そな

 

えています。

 

 

 

*菩提寺の宗派を確認

 

仏壇には宗派による指定はありません。お好みのデザ

 

インで安置する場所に収まりの良いサイズのものを選

 

んでください。

 

宗派の違いが重要になるのは本尊です。仏壇の最上段

 

の中央に仏像か掛軸を安置します。

 

本尊は菩提寺の宗派のものを間違いなく安置しなけれ

 

ばなりません。        

 

必ず菩提寺の宗派を確認しましょう。菩提寺が決まっ

 

ていない場合は戒名、法名をいただいた寺院の宗派の

 

本尊を選びます。 

 
 
 
 

天台宗・・・・釈迦如来、阿弥陀如来、薬師如来他

 

       天台宗に限って指定はありません。

 

 

真言宗・・・・大日如来

 

 

浄土宗・・・・阿弥陀如来(舟形光背)

 

時宗・・・・・阿弥陀如来(舟形光背)

 

    

浄土真宗・・・阿弥陀如来(大谷派、本願寺派、高田

 

       派など各派で異なります)

 

臨済宗・・・・釈迦如来

 

 

曹洞宗・・・・釈迦如来(掛軸の場合は道元禅師、瑩

 

       山禅師の両大師入り)

 

 

日蓮宗・・・・十界曼荼羅、日蓮上人

 

 

    

浄土宗、浄土真宗各派は細かい部分の違いではっきり

 

と区別されます。

 

おなじ阿弥陀如来ですが仏具店でよく確認してくださ

 

い。

 

とくに浄土真宗は大谷派、本願寺派などを十分確認し

 

てください。

 

 

 

*価格の違い

 

良質な材料をふんだんに使用した仏壇は当然高価にな

 

ります。

また仕上げの塗装も材料や工程によって価格の違いと

​なってまいります。

 

また職人の技量のちがいも工賃として価格に反映され

 

ます。

 

おおきくても安価なもの、小型ながら数百万円のもの

 

もあります。

 

 

 

*仏具について

 

花立てやおりん、香炉などの仏具には宗派の区別はほ

 

とんどありません。

 

「打敷」とよばれる金襴の仏具や数珠には宗派の区別

 

はありますが「打敷」はあまり見かけなくなりました

 

し、数珠も各宗派共通のもが多く使用されています。

 

ただ浄土真宗では独特の仏具が使用されています。

 

次の項を参考にしてください。

 

 

*浄土真宗の仏壇、仏具

 

浄土真宗は徳川幕府の政略でいくつかの派に分断され

 

現在に至っています。このため仏壇、仏具も各派によ

 

る特徴があります。

 

基本的には漆塗金箔仏壇(塗仏壇、金仏壇)を安置し

 

ます。     

 

金仏壇を安置しますと仏具も各派の決まった型式のも

 

のを用いなければなりません。

 

また金仏壇の内部構造も浄土真宗の仏具が配置できる

 

ようになっています。

   

ただ都市周辺では金仏壇の需要が少なくなった関係で

 

仏具もあまり区別しなくなりました。

 

香炉や三具足、リン台などをそろえれば良いでしょ

 

う。

 

 

 

 

ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わ

 

せください。

   

               TEL 03-3844-9460

 

             sanbutudou@jcom.home.ne.jp

 

 

 

 

    「仏壇・仏具の方角、購入時期」はこちらから

 

 

  「仏壇・仏具の買い替え、供養」はこちらから

 

 

 

               「ホーム」へ戻る